■財形投資とは?

[image]お金持ちの投資法、なぜ、日本の投資信託の現状、限定ビデオ完全無料公開中

現在ではいろいろな投資の方法が紹介されている。

投資法の中の一つに、財形投資という方法がある。

財形投資とは、勤労者財産形成促進法という法律にのっとって導入されている投資法を指す。

勤労者は雇用主から給料をもらう。

この時、給料の一部が天引きされ、天引きされた分は貯蓄や持ち家を取得するための費用としてプールされるわけである。

財形投資には大きく分けて3つの方法がある。

一般財形貯蓄、財形年金貯蓄、財形住宅貯蓄である。

年金貯蓄と住宅貯蓄については、55歳未満であるという年齢制限が付加されている。

財形投資であるから、投資をした場合には利子を受け取ることができる。

ただし利子に対しては、源泉分離課税という名目で一律で20%の税金が課されることになる。

ただし財形年金貯蓄と財形住宅貯蓄を行っているものについては、元本の合計が550万円までに対して発生する利子は非課税扱いとされる。

さらに財形年金貯蓄については、退職をした後でも非課税の特典を受ける権利は残される。

ただし年金や住宅費用をはじめとした、本来の目的以外で払い出しを行う場合には、非課税の適用を受けることができないので、注意が必要だ。

財形投資を行っているものは、融資の面でも優遇措置を受けることができる。

一定の条件を満たしたものは住宅資金という名目で、最大で4000万円までの融資を独立行政法人住宅金融支援機構などから受けることができる。

ほかにも最高で450万円までの教育目的の資金を独立行政法人雇用・能力開発機構から融資を受けることも可能である。

教育費の使い道であるが、本人の使用目的はもちろんのこと、その親族に対して使う場合でも適用される。

老後の資金を形成する意味においては、財形投資は一定の価値を発揮するということができるだろう。

特に自分で貯蓄をするということに不安を感じている人にとっては、適した投資法といえる。

給料天引きという形であるから、強制的に貯蓄をすることができるからだ。

しかし一方で財形投資の場合、解約をするときには課税が課されたりするなどの足かせがついてくることにも注意したい。

このため、自分の資金であっても、なかなか自由に使うことができなくなってしまう。


151,603人以上の個人投資家がチェックした無料テクニカル動画セミナー


ときとして、急に資金が必要になる事態に遭遇することもあるかもしれない。

その場合に財形投資は、資産移動の柔軟性に弱みを持っているということは十分に認識をしておく必要があるのではないだろうか?

■財形投資の本来のメリットとは?


10万7417人のFX投資家と7万8774人の株投資家が待ち望んでいた2011投資パラダイムシフト大予言無料レポート最新投資手法レポート

財形投資の本来のメリットは、その投資法にあるといっていいだろう。

というのも、財形投資のやり方は、給料からの天引きという形で実施される。

つまり、別に自分で家計のやりくりをして資金を計上するという手間を省くことができる。

現在では、いろいろな金融商品が提供されている。投資をして資金を増やすとわかっていても、実際にどの投資法を使って資産運用をしていくかということを考えないといけない。

投資についての知識が少ない初心者にとっては、投資方法を選ぶのも難題になる。

ところが財形投資の場合、金融商品を自分で選んで購入する必要がない。

よって投資について全く知識を持ち合わせていない人でも、手軽に参加することができる投資法といっていいだろう。

また株式に代表されるように、投資というのは一定のリスクを背負う必要がある。

購入した株価が、その後値下がりをした場合には損失を計上することになる。

ただし財形投資の場合、基本的に投資をしたお金が目減りをするというケースはまず考えにくい。

このために、ローリスクを重んじる投資家の間で人気となっている投資法でもある。

財形投資は、税金との関係でもメリットはある。サラリーマンの場合、給料から天引きされる形で、税金を支払っている。

しかしもし財形投資をした場合には、非課税扱いにされる。サラリーマンの所有している資産の中で非課税扱いになるのは、財形投資のみであるから、節税対策をする上でも有利だろう。

ただし財形投資の場合、非課税となるのは貯蓄残高550万円の利子に対して適用されるので理解しておこう。

サラリーマンには定年がある。

定年退職をした後の老後の生活基盤をどうするか、サラリーマンにとっては悩ましい問題だ。

年金があるといっても、年金でどこまで生活設計ができるか不透明なことも多い以上、財形投資によって資金を確保するということは非常に重要なことである。

ただし財形投資というのは、自分の投資しているお金は会社のほうで管理をすることになる。

きちんとお金を管理している分には問題はないが、場合によっては不適切な処理になってしまっていて、当初もらえる予定であった額よりも少ない、最悪の場合ゼロになっているというケースも全くないわけではない。

もし不適切な処理をされていた場合には、老後の生活資金のねん出をどうするかということについて、根本から考え直す必要がある。

後々になって気がついた場合には、とられる選択肢の幅も狭まってしまうのではないだろうか?


なぜあの人はビジネスを成長させながら 同時に投資でも成功できるのか?

■財形投資の本来のデメリットとは?

野川徹のオンライントレードスクール 無料“動画講座”会員受付中!

財形投資は、自動的に資産を管理してもらえるので、老後の生活設計を立てる上での土台とすることができる。

しかし一方で財形投資にも、デメリットはある。特に財形投資のシステムにおける問題は、場合によっては深刻なものとする。

財形投資に参加することができる人は、限られている。しかも年齢によって制限枠が設けられている。

基本的に55歳未満のサラリーマンでないと、財形投資をすることができない。

55歳を超えてしまうと、財形投資に参加をすることができないから、老後の生活設計の立て方の選択肢が減ってしまう。

55歳というと、定年が目の前の年齢に差し掛かってきている。

つまりすぐにでも老後の資金が必要な人を救うことができない投資法ということができるわけだ。

財形投資は、住宅ローンや自動車ローンのように、資金の使い先があらかじめ決められてしまっているところも、ネックとなって狂う場合がある。

住宅財形の場合には住宅関連の、年金財形の場合には年金として使うことに限られてしまっている。

指定された使い道以外で財形投資分の資金を使うことは不可能ではない。

しかしほかの用途で使う場合には、いったん財形投資の解約に応じないといけない。

財形投資のメリットには、利子の一部が非課税扱いになることがあげられる。

しかし解約する以上、非課税特権も消滅しています。

よって解約後の課税額が一気に上がり、家計への負担も厳しくなる恐れもある。

さらに財形投資では、資金の管理を金融機関で行うことになる。

しかし財形投資の場合、個人で使用することができる金融機関は一つに制限をされている。

現在ではいろいろな金融商品があるが、投資の基本中の基本として、リスク分散がある。

株式の場合には複数の銘柄を持つことで、一方が下がったとしても、ほかの銘柄の上昇分で損失をチャラにするといったものがリスク分散である。

一つの金融機関しか使えないということは、リスク分散をすることができない。

もしも金融機関が破たんなどをした場合には、もしかすると投資していたお金の一部の回収ができなくなってしまう恐れもある。

すると老後の生活設計の計画を練り直さねばならないかもしれない。

老後のためにお金を増やすことはもちろん重要ではある。


日本が財政破綻したときあなたの大切な資産は守られていますか?


しかしいくらお金を貯めたいと思っていても、生活をする以上はどうしても資金をねん出する必要に迫られることも多々ある。

近未来の支出について、財形投資の場合、極めて融通が利かないということは時として大きな問題になることもある。

結婚