■FX(外国為替証拠金取引)投資とは?

[image]お金持ちの投資法、なぜ、日本の投資信託の現状、限定ビデオ完全無料公開中

FX投資とは、Foreign Exchangeの略です。

正式には、外国為替証拠金取引といいます。

証拠金(保証金)を業者に預託して、そのお金を通貨間で売り買いをして、利益を得ます。

昔は、1万通貨単位(ドルならば1万ドル100万円前後)からしか、できませんでした。

だから、ほとんど玄人相手でしたが、今は、個人投資家が、わずかな証拠金からでも始められるように、1000通貨単位から取引ができるようになっています。

さらに、損が大きくなってしまう前に、自動的に取引を決済させる機能、掛け金よりもマイナスになる前に、自動的に取引を停止する機能あります。

なんだか、ド素人をおびき寄せいている感じがしますね。

ですので、サラリーマン、主婦、学生すらできるようになってきて、やっている人は多いです。

そうした個人投資家で、成功した人は、少ない元手で大きく資産を増やしています。

成功例は、本にもなって、そうした書店のコーナーは、盛況です。

FXは、やり方のポイントを押されば、容易に利益を得る事ができるからです。

なんと、デイトレーディング・不動産投資なんかよりも、学習すべき事項がなく、経済学がまったくわからなくても、比較的すぐに、お金を増やせます。

大きな安全理由の一つは、基本的に先進国間の取引だと、倒産(国家が滅びる)がないからです。

ただ、国債乱発の日本は、国が破産するのが近いとも言われています。

株は、政治経済を良く勉強して、何千種類もの銘柄を、政治経済の動きを見据えながら、扱わないといけません。

ですが、FXはドル、オーストラリアドル、ユーロ、ポンド、カナダドル、スイスフランとか、7カ国ぐらいのレートを見ていれば楽勝。

もちろん政治経済を見つつです。

が、株式より見るべき事項は、格段に減ります。

しかも、通貨の取引の流れなるものが、必ずあるのです。

円⇔ドルとか、円⇔ユーロとか。経済に明るくない人でも、しばらくやっていると、必ず読めます。

簡単に言えば、どんな外貨投資でも、利ざやを稼げるように売り買いするのが、緒けるための基本です。

FXは、まず最初に、為替事業者に口座を開設し、保証金を入金します。

新聞などをよく読んで、通貨間で売り買いします。

通貨は、為替レートでその時々で価値が決まるので、利益が出るように売り買いしてください。

そのためには、利益がでそうな、タイミングを逃してはいけません。

その国の通貨の価値は、複数の国の金利・経済政策の影響を、即効受けるゆえ、コロコロ変わります。


151,603人以上の個人投資家がチェックした無料テクニカル動画セミナー

■FX(外国為替証拠金取引)投資の本来のメリットとは?


10万7417人のFX投資家と7万8774人の株投資家が待ち望んでいた2011投資パラダイムシフト大予言無料レポート最新投資手法レポート


FXには、株取引と、全く違った違う旨みがあるのです。

それは、不況に強い点。株は不況ですと、利益は上がりません。

ここ数年は、特にそうですね。

が、FXは取引のやり方と工夫すれば、円高・円安のどちらになっても、利益を上げられるのです。

そりゃそうです。

片方の通貨が高くなれば、相対的に片方の通貨が安くなりますもの。

いわゆるゼロサムゲームです。

だから、為替レートの状況に応じて、利益が出る、売り買いをすればいいのです。

慣れてくれば、ローリスクで利益を上げてゆけます。

この間、日本で初めてペイオフが実施されました。

貯金なんて1000万円もないよ。という人はいいですが、資産をもつ人は、それをみんな円で持って、同じ銀行に預けておくのは、相当なリスクです。

だから、別にFXしなくてもいいから、ドル、ユーロ、ポンドなど、外国の通貨に換金しておけば、資産分散によるリスクヘッジができるのです。

リスクヘッジとは、この場合、経済的な損失を少しでも減らす手立てです。

とりわけ、ユーロなんかですと、何カ国もにまたがっているので、相当リスクが減らせます。

例えば、1ドル=110円の時に米ドルを千ドル買い、1ドル=115円の円安になった時、買った千ドルを売れば、5000円の為替差益が得られます。

逆に円高の場合ですと、1ドル=115円の時に手持ちの米ドル千ドルを売り、1ドル=110円の円高になった時、千ドルを買い戻せば、やはり5000万円の為替差益が得られます。

これが売りでも買いでも儲けられるFXだけの利点です。

取引用のお金を二分して、どちらの事態にも対応できるようにしておくと、おいしいです。

さらに、株式同様FXは、土日を以外、24時間ネットで売買できます。

主婦のような人は、子供が幼稚園に行っている間、パソコンで作業できます。

リスク覚悟ならば、FX取引においても株式のように、レバレッジでさらなる大きな利益を上げられます。

レバレッジの語源は、てこ(lever)。

この投資においての意味は、信用取引によって、実際に持っている資金よりも、はるかに大きな金額を動かす取引を指します。

もうかった場合は、すごいですが、損した場合は、考えるだけでホラーですね。

だから、信用取引はするなと教える人もいます。


なぜあの人はビジネスを成長させながら 同時に投資でも成功できるのか?

■FX(外国為替証拠金取引)投資の本来のデメリットとは?

野川徹のオンライントレードスクール 無料“動画講座”会員受付中!

こう説明すると、FXはメリットばかりのようですが、デメリットすなわちリスクもあるには、あるのです。

一見すると24時間取引できると言うのが、素敵。飲み会を断って、その時間を取引に使えます。

ですが、逆に言えば、夜寝ている時間帯でも為替レートは動いてしまうのですよ。

よく、一夜明けてみたら、ヤフーオークションが落札されていたなんて、話もあります。

それが、よりシビアな銭金で生じるのです。

為替相場は、予想できないときに、急激に動きます。

突発的な人災天災があろうものなら、まともに来ます。

しかも、外貨相手なんで、例えば日本の夜は、アメリカの昼です。

寝ている間に動くと思ったほうが正しいかもしれません。

うかうか、寝ていられなかったりして。信用取引で、大きなお金を動かしていたら、なおさらです。

そう、サッカーの試合のように、寝れなくなって、通常業務に支障が生じます。

あくまで、副収入を得る手立てと思っておいたほうが、無難でしょう。

寝る前は、もうかっていたのに、起きたら損になっていたという...当然、逆に実入りが良くなっていた、ラッキーな場合もあり得ます。

こういう話をしていると、キリがないです。

パソコンで自動の売り買いシステムでも作っておけば、別ですが。

そこまで精巧なプログラムを作るのは、どんなプログラマーでも無理でしょう。

こうした泥沼にはまらないために、FX取引に関しては、損失確定のラインを決めておくやり方が大切になってきます。

一応、為替レートがいくらまで動いたら、利益は絞り尽くせないけれどけど売っておこうというような注文です。

つい、もう少し利益が出そうだとか、結局損になりそうだとか、思ってしまいますが。

考えたら、株式でもそうですね。

株が、上げ止まり下げ止まりになるまで粘っていたら、タイミングを逃して、大損したとか。

株をやるような人は、欲望が強いので、欲でかえって損をします。

FXも正にそうです。あと、何しろ外国相手なので、日本人には予想もできない事態もありえるのです。

だれが、あの、リーマンショックによる不況を予想したでしょう。

国際情勢の分析に長けているとは言う人も、たいした先見の明はないものです。

本当の状況を知っているのは、外務省でも政治家でもありません。

経済誌を読もうが、ネットの掲示板をしようが、本当の気政治経済なんて、わかりません。

陰で世界を動かしている、人々です。

だから、庶民はこまめな外貨の動きで、少しずつ稼いでいくのが、できるだけです。


日本が財政破綻したときあなたの大切な資産は守られていますか?

結婚